咬み合わせ治療・最近よくあるお問い合わせ

shinbi04.jpg

Q.マウスピース〈スプリント〉を入れているだけではだめなのでしょうか?
正しく作製調整されたものを装着することによって筋肉の緊張がとれます。緊張がとれて症状が消えるわけです。しかし、咬み合わせはずれたままですから一生はずせないということになります。マウスピースは劣化します。使用を中止するとしばらくして再発することがあるでしょう。原因を取り除かなければまた同じことを繰り返してしまうのです。

Q.治療費はいくらかかりますか?
このような高度な治療は自由診療になります 。症状は何段階にも分かれます。どの程度の治療を必要とするかにより費用は変わります。矯正が必要な方、今処置済みの歯の再製作が必要な方から歯を調整するだけの方までひとそれぞれです。

Q.咬み合わせのズレはあまり感じませんが、はりやこりがあります。ずれているのでしょうか?治療は必要でしょうか?
ずれは自分では気づくことはありません。術者の誘導により体感し気づくことができます。検査をおすすめします。

Q.鍼、整体で治るのでしょうか?
一過性のものでありしばらくは落ち着くことがあるようです。ただ、原因除去ではありませんので本格的な治療が必要な場合が多いでしょう。

Q.顎関節症だけ治すことはできるのでしょうか?
顎関節症は正しい歯、かみ合わせにより防ぐことができるのです。関節だけ取り出して治すことは不可能です。正しい歯の形態、正しい咬み合わせにより顎関節は正しく機能します。また、虫歯や歯周病などがあれば歯がかけたり、動いてしまったりしてまたかみ合わせはくるってしまいます。総合治療が一番早いということです。

Q.以前作った事があるんですがそれはやわらかい素材でした。同じですか?
夜間装着型マウスピースか、スポーツ用ですね。歯は守りますが顎関節症ではなく歯軋りや食いしばりに有効でしょう。

Q.以前別の歯科医院で作った事がありますが、あまり効果はありませんでした。
わたしどもの診療室とはおそらく考えが違うと思われます。1日あたりの装着時間は長いほどいいのですがどのように指示を受けましたか?トータル装着期間はどのくらいでしたでしょう?作った後の調整が重要ですが、調整は何回しましたか?咬み合わせのチェックはあなたがかんだところを調整したのではないでしょうか?調整時には歯科医師が顎を誘導しましたか?


※私たちの歯科治療の目的は『いつまでも健康なお口を』という考えです。お口全体の健康を考え治療しております。かみ合わせ治療はあくまでそのうちのひとつの項目です。

shinbi05.jpg