インプラント治療・最近よくあるお問い合わせ

shinbi04.jpg

Q.以前の歯科医院では歯周病の人にはインプラントはできないと言われましたが大丈夫ですか?
当医院は歯周病をしっかり治すトレーニングを受けており、歯周病はあなたの協力があれば確実に治すことができます。その後インプラント治療は可能です。


Q.インプラント治療中は歯が無い状態ですか?
当医院では固定式の仮歯もしくは取り外し式の仮歯(入れ歯)のご用意があります。その際全く歯が無くどうしても義歯の使用が嫌な方の場合一時的な仮のインプラントを装着することも可能です。


Q.親戚(身の回りの人会社の人など)がインプラント治療を受けたのですが、すぐはずれたそうです。私は大丈夫ですか?
非常に残念なお話ですが、今のインプラントシステムは非常に安定した治療成績です。当医院ではこのようなことは今現在起こっておりません。また何かの原因で脱落したとしても責任をもって数ヶ月以内に再手術させていただきます。


Q.インプラント治療を受けたのですが怖くて咬めません。たまに使うと痛いことがあります。
骨とついていないことが考えられます。早めに診察が必要です。


Q.骨がないからインプラントはできないと言われたのですが?
補助手術・サイナスリフト法、ソケットリフト法、GBR法などを併用することにより可能となります。インプラント治療中にでる自分の骨や人工骨の利用により骨を増やすことにより可能となります。
骨が少ないと言われた方もあきらめずにご相談ください。当医院は連携したチーム医療により、難しいものかなりの広範囲の枠でインプラント治療を可能にしております。


Q.総入れ歯でもほんとにインプラントできるのでしょうか?
できます。もともとインプラントとは総入れ歯の方のために作られたものです。別途『喜びの声』を参照してみてください。

Q.インプラントしてから肩こりがある。顎が疲れる。
お口をみると確かにインプラントはきれいにはいっている。しかし反対側や他の歯が治療されておらず、結局インプラントへ負荷かかかってしまっている。咬み合わせが考えられていないお口でした。でも患者さん本人は他の歯には痛みがないなど自覚症状が無いので、ここまで放置できたのでしょう。お口は全体のバランスで考えましょう〕

Q.インプラントをすすめられたが私の歯は本当に抜く必要があるのでしょうか?
確かに根しか残っておらず通常は抜歯でしょう。ただし、期間はかかりますが、矯正することにより抜かないでまたブリッジにすることができました。誰もがなるべくなら自分の歯でと思うものです。あきらめないでもう一度だけ相談してみてください。

Q.1回法インプラント、2回法インプラントとは?その利用法の違いは?
インプラントは根の部分と歯の土台の部分にわけることができます。1回法は土台の部分まで1度に入れる手術。2回法は根の部分と土台の部分にわけて2回手術する方法です。
選択の基準はインプラントを入れる場所によってそれぞれメリットをいかせるように、あなたのお口の現状に合わせて相談の上、選択します。

Q.痛いですか?
当医院では無痛治療に力をいれております。思われてるほど、痛みはありません。手術中は麻酔がきいてますので無痛です。翌日にはれぼったい感じ、違和感がある場合があります。抜歯をされたことがあるならその程度とお考え下さってけっこうです。

Q.清潔ですか?
インプラント手術はは完全滅菌の状態で施術されます。

Q.期間はどのくらいかかりますか?
インプラントは人工の歯根とあなたの骨が密接につながり安定します。ですからあなたの骨の状態、治癒力に大きく左右されます。平均的にみれば、おおよそ3ヶ月から半年程度の期間は必要とします。

Q.費用は?
単純な場合は1本あたり32万~39万円。CT撮影、骨を増やす処置など、別途3~6万(検査、予防別)検査後にくわしくわかります。

Q.使用するインプラントメーカーによって成功率に大差がありますか?
現在使われるチタン製の歯の形をしたものは、初めに確立したブローネマルクシステムから改良され、もっと骨につくように、見栄えがもっといいようになどいろいろなメーカーが競いあっております。これは皆様にとっては医療の水準が上がることで大いに歓迎すべきでしょう。ただ、よほどの弱小メーカー(つぶれる可能性あり)以外は大差ないでしょう。それよりも、先生が慣れておられるシステムということが重要であると考えます。

shinbi05.jpg