日本人の歯医者がキライは当然。


歯医者好きアンケート

歯医者アンケート

 

予防歯科歯科を実践する同志の先生が発表してくれました。

 

このデータをよくみてみましょう。

 

オレンジと黄色をまず見てください。

 

オレンジは歯医者が好きの割合です。

 

黄色は歯医者が嫌いを表しています。

 

あなたはどちらですか??

 

できたら行きたくない、でも定期検診は必要だとは思ってるけど、、、、

 

というタイプではないでしょうか。

 

おそらく一番多いパターンかと思います。

ついで、歯医者は痛くなるまで行かない人たちがいますね。

 

でも、あなたは決して悪くありません。

 

当たり前のことだと思うのです。

痛いところを治すのに、また痛い思いをしにいくのなら、

いかないのがふつーですね。

 

わたしも依然友人のクリニックに行ったことがあるのですが、

 

それはもう大変な思いをしました。

 

痛いし、殺伐としてるし、

人として扱ってもらえる気がしませんでした。

 

なぜこうなるのか。

当然のことと思います。

日本の歯科医院は98%以上が健康保険をメインに医院の経営をしています。

 

この健康保険というのが制約がいろいろ多く、実は、

根本的なところでは患者さんや歯科医師にデメリットになっているのです。

 

いい治療をしようと思っても制約が多いのです。

そして単価が決まってるから、(うまい下手は関係なく)

かずをさばかないと成り立たないわけです。

プレパブの家と鉄筋の家なら同じ家でも、意味合いがちがうわけですよね。

ゴムボートとフェリーボートでも同様です。

健康保険に入っているから使わないともったいないという考えが患者サイド、医療サイドにあり

これがあまりにも重視されてるから、手放せないから、

我慢してさきほどのようなことになるのです。

その下に治療の質、精度になってしまうわけですね。

 

わたしたちはこの優先順位がまるで違うので、

いまの診療システムがあるわけです。